トップ > ブルーオニオン > マイセン ブルーオニオン マグ 800101/55810

マイセン ブルーオニオン マグ 800101/55810



1739年にクレッチマーが中国写しの染付の技法を生かして完成させた「ブルーオニオン(青いたまねぎ模様)」。

この呼称は、柘榴(ザクロ)を玉ネギと間違えたため、という説明が定説になっています。中国のお皿に写実的に描かれた柘榴は、マイセンでも初期の頃には忠実に真似られていました。しかし、それもつかの間、見慣れぬ果物は馴染み深い玉ネギに姿を変え、桃のような果物、そして竹がバランスよく配置されることになりました。 組み合わされた数の神秘と共にこの図柄そのものの中にも、中国伝来のおめでたい「象徴」が描かれています。  

この四角い取っ手が特徴的なクラシカルなフォームは、18世紀半ばにヨーロッパで遺跡発掘がブームとなった際、ポンペイ遺跡の出土品を手本に生まれました。
このフォームは1780年から作られている古典的なスタイルです。当時は敷皿もありカップ&ソーサーとして使用されていましたが、今日ではカップだけの「マグ」となり朝食時などに愛好されています。

サイズ:高さ約 9cm  容量約 310ml
           
素   材:磁器製



拡大画像



商品コード : 800101/55810
製造元 : マイセン
価格 : 21,600円(本体価格20,000円)
ポイント : 1,600
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ




facebookinstagraminstagram_japantwitterpinterest